カードローン審査はどうやって行われている?

カードローンの審査について、実際にはどのようなことが行われているのでしょうか?特に消費者金融を中心に、審査時間がとても短いことは明らかですので、どうやって審査が行われているのかを知りたいですね。
もちろん各金融機関によって審査基準などは違います。また審査の方法も違っていることもあります。しかし、金融機関が知りたいことは、申し込み者がきちんと返済できるかどうか、もちろんいくらまでなら返済できるのかという点が中心となります。
そのために、申し込み者の年齢や勤続年数や勤務先の規模なども大切な点でしょう。また実際の収入や自宅が持ち家なのか賃貸なのか、また家族構成などもカードローンなどに大きく関わってくる点となります。こういったものを含めて属性と呼び、それをスコアリングすることで貸し付けの可否を判断していくのです。
しかし属性は確かに重要なのですが、何よりカードローンにおいては信用度が求められます。そのためクレジット・ヒストリーというものを大変重視します。保証人や担保が必要ないカードローンでは、申し込み者の過去や現在の借り入れと返済の履歴などをきっちりとチェックするのです。カードローンの審査はまずスコアリングでふるい落とし、その後貸付できそうな人物の詳細を見ていきます。スコアリングの時点で、何か一つだけ突出して良い点があっても、例えば延滞履歴が残っていれば審査に通ることができません。
審査がどうなっているのかは知りたいものですが、申し込み者は絶対にわかりません。審査がどうやって行われているかを調べること確かに無駄なことばかりではないでしょう。しかし、それよりも自分の年収からきちんと返せる金額を把握することや、返済の計画をきちんと立てておくことも大変重要になります。カードローンは審査に通った後の利用計画が大切です。
参照元・・・カードローン比較完全マニュアル

金融機関でお金を借りる

お金を借りる方法には、国や市町村などの公的機関の融資制度を利用して借りる方法と、銀行や消費者金融といった金融機関から借りる方法があり、金融機関には多くの商品が揃えられており、目的に見合った融資が受けられます。
すぐにお金が必要になったとき、銀行の目的ローンでお金を借りるにしても時間がかかり、すぐには間に合いませんが、ノンバンクや銀行の商品としてカードローンがあります。
「銀行系とノンバンクの違い」
銀行系とは銀行が取り扱っているカードローンのようなキャッシングサービスのことで、銀行系キャッシングはノンバンクとちがって安心感があります。
銀行系は金利が比較的低めに設定されていることや企業としての信頼度も高く、キャッシングを始めたいかたや、キャッシングにあまりよいイメージを持っていないかたでも安心して利用できるの銀行系です。
金利が低めなので誰でも利用したいと思いますが、銀行系は申込みから借入れまでに時間がかかり、審査基準が厳しいためにある程度のステータスがなければ利用できません。
たとえば、毎月一定の収入があり、勤続年数が長いこと、過去の借入れで問題なく返済をしていることが最低条件になります。
銀行系に対してノンバンク(消費者金融系)は銀行以外の金融機関のことで、クレジット会社や消費者金融が取り扱っているキャッシングサービスになります。
ノンバンク系は即日融資や即日振込など申込から融資までが短時間で終わり、審査基準は銀行系ほど厳しくはないため、急いでお金が必要になったときなどはとても便利です。
キャッシングの口コミなどを見ても、銀行系の審査に通らなかった場合でもノンバンク系なら通ったという多くの書き込みがあります。
ただ、ノンバンク系は金利が高めに設定されていることで、以前と比べれば低くなったものの、大手消費者金融でも上限金利が18,0%ちかくの利用金利になります。
銀行系のローンよりも金利が高いため、短期で返済をするときはさほど大きな影響はありませんが、返済期間が長くなると利息ばかりを支払うことになり、なかなか完済まで至らないということになります。
「それぞれの利点を生かして利用する」
銀行系は低金利でお金が借りられるけれど、融資までに時間がかかる。
ノンバンク系は融資までの時間が短時間だけれど、少し金利が高い、ということがそれぞれのメリット・デメリットと言えます。
キャッシングを選ぶときは、時間がかかってもよいから低金利でお金が借りたいときは銀行系、すぐにお金が必要で次の給料日には一括返済するので少し高くても利便性を選ぶという場合はノンバンク系を選ぶといった目的を決める必要があります。